CANPAN ブログ検索
Loading
  • もっと見る
«Run4u | Main | アニマシオン協会の黒木様»
プロフィール

発達わんぱく会さんの画像
カテゴリ
最新記事
<< 2020年10月 >>
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31
最新コメント
吉田一紀(IT担当)
ETIC<ビジネスモデル> (05/08) youhey nasu
1月 子どもの長所を伸ばす! 子育て勉強会のお知らせ (01/11) 岡本かずえ
1月 子どもの長所を伸ばす! 子育て勉強会のお知らせ (01/03) 朝顔大好きおばあ
こっこ 夏の自由研究14 (09/20) 小南 賛
神戸の小児科医の先生 (09/17) 神戸の小児科医
神戸の小児科医の先生 (09/16) 小南 賛
こっこ 夏の自由研究12 (09/16) 朝顔大好きおばあ
こっこ 夏の自由研究12 (09/16) 小南 賛
こっこ 夏の自由研究4 (08/03) 朝顔大好きおばあより
こっこ 夏の自由研究4 (08/03)
リンク
第10回 幼児教育月例会月例会 [2011年09月07日(Wed)]
皆さんこんにちはニワトリ
幼児教育月例会のお知らせです。

今回は、「感覚統合」についてお話しして頂きます。
私たちは、味覚・嗅覚・視覚・聴覚・触覚・動く感覚・重力・姿勢など、無意識のうちに感じているいる感覚を、
脳が効率よく仕分けしながら、日常生活を送っています。
この、周囲の情報を理解するための感覚の連携プレイを「感覚統合」といいます。


=詳細=

子どもの長所を伸ばす!子育て勉強会
「発達が気になる子どもの理解と対応〜感覚統合の視点から〜」

日時:平成 23年 9月 11日(日)14:00〜15:30

場所:浦安市総合福祉センター 2F多目的室 (〒279-0042 浦安市東野1−7−1)

講師:酒井康年 先生
    うめだ・あけぼの学園 作業療法士

内容:子どもたちは大人とは異なる行動をとることがたくさんあります。
   それは、発達が気になる子どもの場合、より多く見られるかもしれません。
   「なぜ?」「どうして?」と感じられる行動を理解する1つの視点に感覚統合理論があります。
   例えば、人に触られる事や、髪や爪を切ることが嫌い、水や絵の具が大好き、
   ブランコを怖がる、とても不器用、人を強く叩いてしまう、
   などが感覚統合がうまくいっていない時の子どもの様子です。
   感覚統合の視点で子どもたちを見ると、今までと少し違った姿が見えるかもしれません。

定員:先着30名(要申込)

対象:幼児期の子どもの発達に心配がある保護者 発達障害の理解と支援に興味のある方
   ※保育先着10名。保育料1000円、定員になり次第、締め切らせて頂きます。

参加料:一般の方 :2000円
     保護者の方 :1000円
お問い合わせ:NPO法人発達わんぱく会(小田知宏)
TEL:047-704-9415
メール:kokko@hwanpaku.org
=以上=

皆さん、是非、お問い合わせ下さい笑顔
Posted by 小南 賛 at 14:49 | イベント参加募集 | この記事のURL | コメント(0)
コメントする
コメント