CANPAN ブログ検索
Loading
  • もっと見る
« 2018年12月 | Main | 2019年02月»
プロフィール

発達わんぱく会さんの画像
カテゴリ
最新記事
<< 2019年01月 >>
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    
最新コメント
吉田一紀(IT担当)
ETIC<ビジネスモデル> (05/08) youhey nasu
1月 子どもの長所を伸ばす! 子育て勉強会のお知らせ (01/11) 岡本かずえ
1月 子どもの長所を伸ばす! 子育て勉強会のお知らせ (01/03) 朝顔大好きおばあ
こっこ 夏の自由研究14 (09/20) 小南 賛
神戸の小児科医の先生 (09/17) 神戸の小児科医
神戸の小児科医の先生 (09/16) 小南 賛
こっこ 夏の自由研究12 (09/16) 朝顔大好きおばあ
こっこ 夏の自由研究12 (09/16) 小南 賛
こっこ 夏の自由研究4 (08/03) 朝顔大好きおばあより
こっこ 夏の自由研究4 (08/03)
リンク
ひらいわ様より寄贈の品を頂きました! [2019年01月31日(Thu)]
寄付品20190122.JPG


当代島にお住まいのひらいわ様より寄贈の品物を頂きました。
子ども用の可愛い椅子と積み木そしてトミカのレーシングサーキット
すぐに役立つものばかりです。
ひらいわ様には、いつも寄贈品を届けて頂きスタッフ一同とても感謝しております。
ありがとうございます。
(こっこ浦安駅前校)
Posted by 小田知宏 at 17:03 | 寄贈のお礼 | この記事のURL
2019年度春採用者向け採用説明会の募集は終了しました [2019年01月18日(Fri)]
2月20日までの日程で募集しておりました、2019年度新規採用者向け採用説明会は、採用枠充足のため募集を終了しました。

たくさんのご応募、ありがとうございました。
Posted by 清野 at 16:45 | 求人情報 | この記事のURL
児童発達支援ガイドラインに基づく事業所における評価結果の公表 [2019年01月16日(Wed)]
 「児童発達支援ガイドライン」は、児童発達支援の一定の質を担保するための全国共通の枠組みとして、当法人の理事長小田が全国児童発達支援協議会の理事の一人として策定に参加した「発達支援の指針」を参考に、厚生労働省により策定、公表されたものです。
 この「児童発達支援ガイドライン」の概要の一つである「自己評価結果の公表」について、当法人の評価結果を法人概要ページに掲載致しました。

 児童発達支援ガイドラインには、
 ●児童発達支援の提供すべき支援
 ●児童発達支援計画の作成及び評価
 ●関係機関との連携
 ●児童発達支援の提供体制
 ●支援の質の向上と権利擁護
等の規定があり、事業所はこの規定を元に、各事業所の実情や個々の子どもの状況に応じて支援の質の向上に努めることが求められます。
※出典:厚生労働省ホームページ

 これまでも当法人は率先して児童発達支援の質の向上に努めて参りましたが、今後はこのガイドラインを基により一層子どもやその保護者に寄り添った質の高い支援を提供できるよう努力する所存です。また、発達障害を持つ全ての子どもに質の高い支援が行き渡る社会を目指し、今後もますます児童発達支援事業所の開設、運営支援に力を入れて参ります。

手作り仕掛け絵本を頂きました。 [2019年01月15日(Tue)]
浦安市にお住まいの岩本様より
手作りの仕掛け絵本を頂きました。
手作りとは思えないほどの精巧さに驚きます。
そしてお子様への愛情とぬくもりが伝わって来る作品です。
こんな貴重な品をお届けいただき感激です。
大切に使わせていただきます。
ありがとうございました。

DSC_0406.JPG

DSC_0405.JPG

DSC_0407.JPG

DSC_0403.JPG
Posted by 二川 at 15:21 | 寄贈のお礼 | この記事のURL
『認定NPO法人』の認定を受けました。 [2019年01月15日(Tue)]
当法人は、11月14日付けで千葉県知事より認定NPOの通知を頂きました。

認定特定非営利活動法人制度(認定NPO法人制度)は、運営組織及び事業活動が適正であって、特定非営利活動の健全な発展の基盤を有し公益の増進に資すると見込まれる一定の基準を満たした団体を認定する制度であり、認定NPO法人への寄付者には税制上の優遇措置もあります。
※NPO法人51,745団体の中で、認定NPO法人は1,032団体です。
(『内閣府NPOホームページ』より平成30年9月末日現在)

つまり、発達わんぱく会は運営や活動は適正であり社会全体の利益に貢献していると公的に認められたということです。

これからも、「全ての子どもが発達障害を持って生まれても豊かな人生を送れる社会をつくる」ため鋭意邁進して参りますので、温かいご理解、ご支援を賜りますようお願い申し上げます。