CANPAN ブログ検索
Loading
  • もっと見る
« 2018年08月 | Main | 2018年10月»
プロフィール

発達わんぱく会さんの画像
カテゴリ
最新記事
<< 2018年09月 >>
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30            
最新コメント
吉田一紀(IT担当)
ETIC<ビジネスモデル> (05/08) youhey nasu
1月 子どもの長所を伸ばす! 子育て勉強会のお知らせ (01/11) 岡本かずえ
1月 子どもの長所を伸ばす! 子育て勉強会のお知らせ (01/03) 朝顔大好きおばあ
こっこ 夏の自由研究14 (09/20) 小南 賛
神戸の小児科医の先生 (09/17) 神戸の小児科医
神戸の小児科医の先生 (09/16) 小南 賛
こっこ 夏の自由研究12 (09/16) 朝顔大好きおばあ
こっこ 夏の自由研究12 (09/16) 小南 賛
こっこ 夏の自由研究4 (08/03) 朝顔大好きおばあより
こっこ 夏の自由研究4 (08/03)
リンク
こどものひろばで遊びませんか? [2018年09月25日(Tue)]
 こころとことばの教室こっこ浦安駅前校では、火曜日の10:30〜11:45に教室を開放しています。普段こっこに療育に来ている子もそうでない子も、誰でも保護者と一緒に自由に利用できます。

 今回は雨のせいか参加者が少なく、1歳児2名に2歳児1名の計3名。
NCM_0157.jpg ボールプール、電車、かたはめ等いろんなおもちゃが用意してあるので、子どもたちは興味の向くまま自由に遊びます。NCM_0159.jpg

 一時間ほど遊んでから、お片付けして親子で体操や手遊び。お母さんのおひざの上で「だ〜るまさんが〜こーろんだ〜」「おおがたバス〜に乗ってます〜♪」と左右に揺れたり後ろにごろーんとひっくり返ったり。大きな動きがとっても楽しそう!手遊びでは、ノリノリで「とんとんとんとんアンパンマン」と歌う子もいれば、途中で飽きちゃう子もいます。飽きてふらふらっと遠くに行ってしまっていた子も、絵本の読み聞かせで戻ってきたり。

 こっこのスタッフは、子どものこころに合わせることに慣れています。一緒に活動していなくても無理に連れてきたりはせず、子どものこころがこちらに向くようにあの手この手と考えます。そして子どもたちを見送った後は、スタッフ達で振り返り。一人ひとりの子どもの様子についてしっかりじっくり話し合います。

お子さんの発達についてちょっと相談してみたい方、雨で公園で遊べないので屋内で遊びたい方、子どもの遊ばせ方で悩んでいる方等々・・・
お気軽に遊びに来てください!
Posted by 清野 at 11:49 | できごと・活動記録 | この記事のURL
浦安子育て応援メッセ2018 [2018年09月14日(Fri)]
浦安子育て応援メッセ2018
https://www.kosodatemesse.net/
メッセ.jpg

safe_image.jpg

浦安市最大級の子育て応援イベント
第14回子育て情報発信基地

今年もNPO法人発達わんぱく会は、運営委員として
また子育て相談ブースの開催と準備を進めています。
ご来場お待ちいたします!

♡9月29日(土)11:00-16:00
♡Wave101 ギャラリー内ブース
♡無料
♡事前予約受け付けます!
♡070-5083-0051 原田まで
♡harada-madoka@hwanpaku.org
Posted by 二川 at 17:08 | イベント参加募集 | この記事のURL
お湯呑と急須のセットをいただきました [2018年09月12日(Wed)]
神奈川県にお住まいのK様より、お湯呑と急須のセットをご寄贈いただきました。

今月のメールマガジン内でお願いしていたのですが、早々にお申し出いただいた上、想像よりはるかに素敵なお品でとても恐縮してしまいました。
本当にありがとうございます。
大事に使わせていただきます!
湯呑.jpg

給湯周りは特にご寄贈いただいたものが多く、「私たちの活動はこんなにも多くの方が応援してくださっているんだ」と身が引き締まる思いです。
本当にありがとうございます。


……・・・………・・・………・・・………・・・………
こっこは、みなさまの温かいご支援に支えられています
……・・・………・・・………・・・………・・・………
Posted by 清野 at 12:02 | 寄贈のお礼 | この記事のURL
第28回の日本外来小児科学会年次集会に小田が開催登壇致しました [2018年09月09日(Sun)]
第28回の日本外来小児科学会年次集会が開催され、理事長の小田が「児童発達支援の実際と療育業界の動向」と題して登壇致しました。
DSC_0090.jpg

来場されていたドクターの方より、後日メールにて
「安心してご紹介できる児童発達支援事業所はほとんど見つからず、貴施設のような事業所があれば、発達に悩むお子さんとご家族にとってどれほど幸せかとつくづく思いにふけて帰宅しました。
今後、自分たちがどの程度関わっていけるか、今回のご講演を参考にしていきたいと考えております。」
との真摯なお言葉もいただきました。

こうして理解の輪が少しずつ、着実に広がっていくことが、我々の理念にもつながっていくのだと感じました。

『すべての子どもが発達障害を持って生まれても豊かな人生を送れる社会をつくる』

改めて身の引き締まる思いです。

……・・・………・・・………・・・………・・・………
こっこは、みなさまの温かいご支援に支えられています
……・・・………・・・………・・・………・・・………
Posted by 清野 at 20:00 | 講演報告 | この記事のURL