CANPAN ブログ検索
Loading
  • もっと見る
« 2018年05月 | Main | 2018年07月»
プロフィール

発達わんぱく会さんの画像
カテゴリ
最新記事
<< 2018年06月 >>
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
最新コメント
吉田一紀(IT担当)
ETIC<ビジネスモデル> (05/08) youhey nasu
1月 子どもの長所を伸ばす! 子育て勉強会のお知らせ (01/11) 岡本かずえ
1月 子どもの長所を伸ばす! 子育て勉強会のお知らせ (01/03) 朝顔大好きおばあ
こっこ 夏の自由研究14 (09/20) 小南 賛
神戸の小児科医の先生 (09/17) 神戸の小児科医
神戸の小児科医の先生 (09/16) 小南 賛
こっこ 夏の自由研究12 (09/16) 朝顔大好きおばあ
こっこ 夏の自由研究12 (09/16) 小南 賛
こっこ 夏の自由研究4 (08/03) 朝顔大好きおばあより
こっこ 夏の自由研究4 (08/03)
リンク
おもちゃをいろいろ頂きました! [2018年06月29日(Fri)]
寄贈2.JPG

葛西校をご利用の丸様より
おもちゃをいろいろ頂きました。
かわいいおもちゃがいっぱいです。
大切に使わせて頂きます。
ありがとうございました。
Posted by 二川 at 16:57 | 寄贈のお礼 | この記事のURL
江戸川にお住まいのI様より [2018年06月29日(Fri)]
寄贈1.JPG

江戸川にお住まいのI様より
電車のおもちゃをいただきました。
みんなが大好きな新幹線です!
大切に使わせていただきます。
ありがとうございました。

Posted by 二川 at 16:39 | 寄贈のお礼 | この記事のURL
発達わんぱく会 第8期年次報告会 [2018年06月29日(Fri)]
報告会チラシ.jpg

今年2回目となる年次報告会を開催いたします。
法人の理念にご賛同頂き、ご支援を頂いております方々に
日頃の感謝の気持ちをお伝えするとともに、発達わんぱく会の活動について
より深く理解して頂き、また皆さまからのお声やご意見をお聞きできる場として
開催いたします。
一般の方のご参加も受け付けております。
わんぱく会の活動に興味がある方、もっと知りたい方、支援したい方、
ぜひこの機会にお越しください。心よりお待ちいたします。

--------------◆◇年次報告会概要◆◇-------------------------------
【日時】
2018年7月28日(土) 16:00〜17:30 ※受付開始は15:30〜 
【内容】
2017年度の活動報告
【場所】
ケンブリッジ・テクノロジー・パートナーズ株式会社
 (東京都港区赤坂2-14-32 赤坂2・14プラザビル4階)
<アクセス>https://www.ctp.co.jp/company/
東京メトロ千代田線「赤坂駅」2出口より徒歩0分
東京メトロ丸の内線・銀座線「赤坂見附駅」11出口より徒歩8分
東京メトロ南北線・銀座線「溜池山王駅」10出口より徒歩7分
【定員】
70名(要申込、先着順)
【参加費】
無料
(懇親会にご参加の方は別途1,000円頂戴いたします)
【懇親会】
事業報告会終了後、開催予定です。
(18:00〜19:30/参加費1,000円)
【お申込み方法】
下記アドレスよりお申込み下さい。
http://urx.mobi/K2Gt
丸和バイオケミカル様よりご寄付いただきました! [2018年06月28日(Thu)]
DSC_8886.jpg

丸和バイオケミカル株式会社様よりご寄付をいただきました!
昨年に続き2回目のご寄付です!

丸和バイオケミカル株式会社様は、社会貢献活動の一環として2004年より

毎年さまざまな団体に寄付をされています。

寄付先の選定にあたっては、社員の方から団体の情報を募って決定しているとのことで、

発達わんぱく会をご存知の社員の方から推薦をいただき寄付先に選んでいただきました。

最高に素敵なご縁だと思っております。

井上社長はじめ3名の方に葛西校までお越し頂き、療育する子どもの様子を見学していただきました。

お帰りの前に社長さんを囲んでスタッフと一緒に写真を撮っていただきました。

ご寄付、誠にありがとうございました。

DSC_8894.jpg


>>丸和バイオケミカル様のホームページはこちら
http://www.mbc-g.co.jp/

Posted by 二川 at 11:38 | 寄贈のお礼 | この記事のURL
第28回の本外来小児科学会年次集会 [2018年06月15日(Fri)]
第28回の本外来小児科学会年次集会が開催されます。
理事長の小田が登壇いたします。
「児童発達支援の実際と療育業界の動向」と題しまして
事業所評価の視点や発達支援のあるべき姿をお話できればと考えております。
特別講演のダイヤモンド☆ユカイさんに負けない熱さで
語っていただきます。

http://web.apollon.nta.co.jp/sagpj28/

学会20180825.jpg

学会201808251.jpg
Jvpf年次報告会 [2018年06月15日(Fri)]
わんぱく会を支援してくださっている日本ベンチャーフィランソロピー基金(Jvpf)の
年次報告会が開催されます。
発達わんぱく会の理念や取り組みを多くの皆さんに知っていただくために
理事長の小田が登壇いたします。

safe_image.png

https://peraichi.com/landing_pages/view/3agq7
葛西にお住まいのK様より寄贈品を頂きました。 [2018年06月13日(Wed)]
葛西にお住まいのK様より、たくさんの絵本を寄贈していただきました。
大切に使わせていただきます。
事前の丁寧なご連絡に、直接教室までお届けくださったお気遣いに
心から感謝いたします。
ありがとうございました。

DSCN1624.JPG

Posted by 二川 at 10:12 | 寄贈のお礼 | この記事のURL
小田が一部執筆しています [2018年06月12日(Tue)]
こんにちは。広報担当のちえです。

まだ発達わんぱく会ができる前、村上龍氏の著書「13歳のハローワーク」に理事長の小田が一部執筆しています。
13ハロワ1.JPG

村上氏との直接の面識はないそうですし、書かれている内容も発達障害についてではなく介護についてですが、当社の社員にすらほとんど知られていないのが不思議です。
もう少しアピールしてもいいような・・・

13ハロワ.JPG
興味のある方は探してみてください!


*゚+。。.。・.。*゚+。。.。・.。*゚+。。.。・.。*゚+。。.。・.。*゚+。。.。・.。*
こっこは、みなさまの温かいご支援に支えられています。
http://lp3.wanpaku.org/
*゚+。。.。・.。*゚+。。.。・.。*゚+。。.。・.。*゚+。。.。・.。*゚+。。.。・.。*
Posted by 清野 at 10:16 | できごと・活動記録 | この記事のURL
日曜こっこ開催 [2018年06月11日(Mon)]
6月10日(日)こころとことばの教室こっこ4教室では、
休日イベント「日曜こっこ」を開催いたしました。
各教室、イベント内容を考え、特別の時間をお子さまや保護者の方と過ごしました。
浦安駅前校では、「子育て座談会」と題して、就学に向けて保護者の皆様と
お話をする機会を設けました。
その間、子どもたちは自由に好きなことを選び、楽しめるように
遊びのスペースを用意しました。
いつもと違った日曜日、楽しんでいただけたのではないでしょうか?

34880751_1847009858652958_3110671596461752320_n.jpg

DSCN2879.jpg

DSCN2884.jpg

DSCN2882.jpg

DSCN2885.JPG
Posted by 二川 at 10:48 | できごと・活動記録 | この記事のURL
事務職員といえども、療育の基礎知識を学ぶ機会があるんです [2018年06月07日(Thu)]
こんにちは。広報チームのちえです。
今回は、「太田のStage」の基礎を学びました。
この太田ステージは、当団体の療育部長である染谷も臨床研究に関わっており、5分程度で言語の理解の程度が測れる簡易的な評価軸の一つです。
1.jpg


●LDT-R1 名称による物の指示
時計や靴などの絵を見せて、「時計はどれ?」等の指示を出します。
絵は当然、子どもがいつも見ているものとは少し形状が違っていたりもしますので、「時計」というものはこういうものだという、「シンボル」の芽生え(名前の発見)が必要です。

●LDT-R2 用途による物の指示
5.jpgハサミや椅子などの絵を見せて、「座るものはどれ?」等の指示を出します。
これは、LDT-R1の「シンボル」に加えて、それを使っている運動の様子を連想できることが必要になります。
LDT-R1から随分高度になったなと感じます。


●LDT-R3 まるの相対的比較
4.jpg大きさがそれぞれ違う円が3つ並んでいる絵を見せ、一番小さい円を手で隠して「どっちが大きい?」と尋ねます。次に一番大きい円を手で隠して「どっちが大きい?」と尋ねます。
概念形成の芽生えの時期です。
一番大きい円がそこにあるのが分かっているのに、隠されているので「ないもの」として中くらいの円を指さなければならないことには、抵抗を感じる子もいるんじゃないかなぁと思いました。

●LDT-R4 空間関係の理解
3.jpg実物の箱やボタンなどを並べて「箱の上にボタンを置いて」や「ボタンの上に箱を置いて」等のさまざまなパターンの指示を出します。
小さい物の上に大きい物を乗せるという指示は少し違和感を覚えるので、言葉を正確に理解できないとなかなか達成できません。
例えていうなら、「父の兄弟」と「兄弟の父」の意味の違い(関係性)の理解になります。


●LDT-R5 碁石の保存の概念と包含関係の理解
黒と白の碁石を「5個」を基準に間隔を変えたり個数を変えたりといろいろなパターンで並べて、「どちらが多い?」と聞きます。
(これは一般的に9、10歳の認知発達の特徴であるため、今回は省略しました)


上記の指示を出しながら、子どもの目線や体の使い方、理解できていないのか、理解しているがわざと避けているのか等を細かく見、場合によっては随意検査も併用しながら、認知・情緒・行動の発達と障害を評価していきます。
2.jpg


コンサルチームも広報チームも発達わんぱく会のスタッフです。
「すべての子どもが、発達障害を持って生まれても、 自立したその人らしい大人になって、豊かな人生を送れる社会」の実現のために大切な知識です。


*゚+。。.。・.。*゚+。。.。・.。*゚+。。.。・.。*゚+。。.。・.。*゚+。。.。・.。*
こっこは、みなさまの温かいご支援に支えられています。
http://www.wanpaku.org/donation/index.html
*゚+。。.。・.。*゚+。。.。・.。*゚+。。.。・.。*゚+。。.。・.。*゚+。。.。・.。*
Posted by 清野 at 11:55 | できごと・活動記録 | この記事のURL
| 次へ