CANPAN ブログ検索
Loading
  • もっと見る
« 2020年06月 | Main | 2020年08月»
プロフィール

発達わんぱく会さんの画像
カテゴリ
最新記事
<< 2020年07月 >>
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  
最新コメント
吉田一紀(IT担当)
ETIC<ビジネスモデル> (05/08) youhey nasu
1月 子どもの長所を伸ばす! 子育て勉強会のお知らせ (01/11) 岡本かずえ
1月 子どもの長所を伸ばす! 子育て勉強会のお知らせ (01/03) 朝顔大好きおばあ
こっこ 夏の自由研究14 (09/20) 小南 賛
神戸の小児科医の先生 (09/17) 神戸の小児科医
神戸の小児科医の先生 (09/16) 小南 賛
こっこ 夏の自由研究12 (09/16) 朝顔大好きおばあ
こっこ 夏の自由研究12 (09/16) 小南 賛
こっこ 夏の自由研究4 (08/03) 朝顔大好きおばあより
こっこ 夏の自由研究4 (08/03)
リンク
こっこ東野校の4〜5歳児グループで、はじき絵に挑戦! [2020年07月24日(Fri)]

絵本『しろくまのパンツ』のしろくまさんのパンツを作りました ぴかぴか(新しい)

大人があらかじめ、白い画用紙に白のクレヨンで下絵を描いておき、子どもたちが画用紙に絵の具を塗ると絵が浮き出てきます。

塗り絵と違って細かい作業が必要ないので、指先を使った作業が難しい子でも上手に完成させられます。

2020.7 制作(しろくまのパンツはじき絵).JPG

普段、絵の具と聞くと「ええ〜・・・」と言う子どもも、あっと言う間にコツを掴んで「あ!新幹線出てきた!」と笑顔に。
ダイナミックに塗るので、すぐに絵が浮き出てきます。

逆に、普段塗り得が得意な子でも、塗る枠がなく、いつもと勝手が違うことに戸惑ってなかなかコツが掴めず、2度目の活動で「あ、こういうことか」と仕組みが分かったり。
回数を重ねることで理解に繋がりやすくなります。


絵の具を塗るとどうなるのか、期待しながらワクワクした様子で楽しく取り組んでいましたexclamation




Posted by 清野 at 14:06 | できごと・活動記録 | この記事のURL