CANPAN ブログ検索
Loading
  • もっと見る
«東京新聞 | Main | 中田洋二郎教授»
プロフィール

発達わんぱく会さんの画像
カテゴリ
最新記事
<< 2018年07月 >>
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        
最新コメント
吉田一紀(IT担当)
ETIC<ビジネスモデル> (05/08) youhey nasu
1月 子どもの長所を伸ばす! 子育て勉強会のお知らせ (01/11) 岡本かずえ
1月 子どもの長所を伸ばす! 子育て勉強会のお知らせ (01/03) 朝顔大好きおばあ
こっこ 夏の自由研究14 (09/20) 小南 賛
神戸の小児科医の先生 (09/17) 神戸の小児科医
神戸の小児科医の先生 (09/16) 小南 賛
こっこ 夏の自由研究12 (09/16) 朝顔大好きおばあ
こっこ 夏の自由研究12 (09/16) 小南 賛
こっこ 夏の自由研究4 (08/03) 朝顔大好きおばあより
こっこ 夏の自由研究4 (08/03)
リンク
1月 子どもの長所を伸ばす! 子育て勉強会のお知らせ [2012年01月21日(Sat)]
皆さんこんにちはニワトリ
こっこの小南です。

今日は、来年の2012年1月22日に開催する
「子どもの長所を伸ばす!子育て勉強会」のお知らせですメガホン

==記==

子どもの長所を伸ばす!子育て勉強会

「発達支援と家族支援〜子どもをほめることの意味〜」

◯講師・・・中田 洋二郎 先生
(立正大学心理学部教授 臨床心理士 専門は、発達心理学、発達障害児とその家族の支援)

◯日時・・・平成24年1月22日(日) 10:00〜11:30

◯内容
みなさんは、「子どもはほめて育てるとよい」と、何度も聞いたことがあるでしょう。あるいは、乳児健診のときに、保健師さんや発達相談員さんからお説教のような調子で言われたこともあるかも知れません。
 でも、そう言われてもどうやってほめればいいのか?ほめようにも心配なことばかりで、ほめる所ところが見つからない。そんなふうに感じる人も多いでしょう。それは、子どもの発達に心配をもつ多くの保護者に共通する思いではないでしょういか。
 私も、1歳半健診の発達相談員をしていたころには、保護者のそのような想いを理解することなく、通り一遍の決まり文句のように「お子さんをほめて育てましょう」と言っていてように思います。それは専門家からの正しい指導のようであって、決して役立つ助言ではありませんでした。
今回の勉強会では、私がそういう間違いを犯していた当時と現在を振り返って、発達支援、家族支援とは何か、「ほめる」ことのほんとうの意味について皆さんにお話ししたいと思っています。

◯場所・・・浦安市総合福祉センター2F

◯対象・・・幼児期の子どもの発達に心配がある保護者
       発達障害の理解と支援に興味のある方

◯参加料・・・一般の方:2,000円
       保護者の方:1,000円

◯お申込み・・NPO法人発達わんぱく会(担当:小田 知宏)
            TEL:047-704-9411
            Mail:kokko@hwanpaku.org

==以上==
今回、お越しいただく講師の中田 洋二郎先生は、多くの著書があり、
とても有名な先生です。
皆さん、是非、お越しください笑顔
Posted by 小田知宏 at 10:31 | イベント参加募集 | この記事のURL | コメント(2)
コメントする
コメント
岡本様、あたたかく力強いコメントを頂き、ありがとうございます。
子どもをほめる言葉に、たくさんの愛情を込めていらっしゃった姿を想像し、胸が熱くなりました。
ほめることは、子どもの長所を見つけることや、長所を伸ばすことにつながると思います。
お子さまは長所を大切に伸ばしながら自信を育み、お母様への信頼感を持ちながら成長されたのでしょうね。それが岡本様のおっしゃる“人間の根っこ”なのではないかと感じました。
これらのことは、私たちがたくさんのお子さんの発達支援をしていく中で、最も大切にしている姿勢です。
これからも「長所を伸ばす」姿勢を大切に、お子さんや保護者の皆さまとお付き合いをしていきたいと思います。

こっこ 臨床心理士 那須洋平
Posted by: youhey nasu  at 2012年01月11日(Wed) 03:32

はじめまして岡本です。私のこどもも1歳半健診で引っかかり検査の結果、集団行動はできない。とのことでしたが、今元気に少し変わった健常者として生活しています。当時どうしていいかわからなかった私は、なぜできないのかを封印して、ほめてほめてほめて育てました。当時障害があるなしに関係なしに、ほめるとこどもの成長の妨げになると思っていた人がたくさんいました。でも私はあの時ほめて育てたことがよかったと確信しています。幼少期にほめて育てることが、人間の根っこになります。根っこがしっかりしていれば、何があっても立ち上がれます。私もそうでしたが、いったいどうなるのかが不安な親御さんがいっぱいです。その不安を歓びに是非変えてあげてください。心より応援させていただきます。
Posted by: 岡本かずえ  at 2012年01月03日(Tue) 09:01